どちらかと言うなら殻は軟弱で、取扱いが簡単なのも快適な点になります。旬のワタリガニを買い取った場合は、どうしても蒸すとか茹でるとかして堪能してみませんか?
皆さんは時として「本タラバ」と称される名前を雑誌などで読むことがあると想像しますが、有名な「本タラバ」は「本当のタラバガニ」という意味で「本タラバ」と紹介されているのでしょう。
花咲ガニというカニはどんなカニと見比べても数は本当に少なく、そのために、水揚の時期は短い夏の期間(7月~9月頃)に限られており、それゆえに最高に味ののるシーズンも秋の一ヶ月間(9~10月)と非常に短いです。
少し前からカニマニアの中で「花咲ガニ」という蟹が注目されています。花咲ガニ全体の8割ほどが水揚されているという遠く北海道の根室まで、絶品の花咲ガニを食べに行こうという周遊旅行もございます。
見た目の良いズワイガニは11年目で、いよいよ漁獲可能な分量に到達するのです。それによって獲れる量が減ってきており、カニ資源保護の為に海域の場所場所に異なっている漁業制限が設けられています。

一般的に毛ガニは、甲羅の大きさが11~13cm級の特に大きくないカニで、漁の開始時は紫色に似ている褐色となっていますが、煮ることで鮮明な赤色に生まれ変わります。
花咲ガニの特別さは、根室半島で大量に育っている海草、昆布が大きな理由です。昆布食の花咲ガニは、濃厚な味をこれでもかと備え持っています。
カニ全体ではカワイイ品種で、身の詰まり方も多少少ないのが毛ガニの特徴ですが、身はうま味が抜群の他では味わえない味で、カニみそも濃く「カニ好き」が評価しているのだと聞いています。
買い物に出なくても質のいいズワイガニをお取り寄せできるなんて手間がないですね。通販のネットショップにすれば、スーパーなどより低価格で購入可能なことがたくさんあります。
切り分けられていない浜茹での花咲ガニをたのんだだとしたら、食べようとしたとき手など怪我をすることがときどきあるので、軍手・料理用の厚手の手袋などをつかえば不安がありません。

通信販売サイトでも1、2を争う風味の違うズワイガニとタラバガニ。どちらかだけなんて選べません。そんな決められない人には、初めからセットになった品が一押しです。
水揚の現地まで赴いて食べるならば、電車賃やガソリン代なども痛手です。水揚されて間もないズワイガニをおうちで気軽に食べたいのであれば、ズワイガニを通販で注文するのが最もよいでしょう。
「日本海産は贅沢品」、「日本海産はダシが出る」という印象があるのは確かですが、寒冷地となっているカナダの近海地域、綺麗な海のオホーツク海、鮭やマスも釣れるベーリング海もズワイガニからみた場合「生息しやすい場所」なのである。
漁期制限のため、ズワイガニのシーズンはだいたい12月ごろで、時間的にも贈り物にしたり、おせちの原材料として重宝されているわけです。
知る人ぞ知るカニでもある花咲ガニのその味。好みがはっきり出る一般的ではないカニかもしれませんが、びびっときたならぜひとも一度賞味してみてもいいかも。